睡眠時無呼吸症候群|からさわ歯科|流山おおたかの森駅 南口徒歩5分の歯科医院・歯医者

  • 流山おおたかの森駅・からさわ歯科・予約・メール問合せ
  • 流山おおたかの森駅・からさわ歯科・電話
  • 流山おおたかの森駅・からさわ歯科・メニュー

睡眠時無呼吸症候群とは

流山おおたかの森駅・からさわ歯科睡眠時無呼吸症候群とは

睡眠時無呼吸症候群(SAS:Sleep Apnea Syndrome/サス)は、眠っている間に呼吸が止まる病気です。
10秒以上の無呼吸状態が1晩(7時間)に30回、もしくは睡眠中の1時間に5回以上ある場合に睡眠時無呼吸症候群と診断されます。

下記に当てはまる項目のある人は、睡眠時無呼吸症候群であるか、そのリスクが高い可能性があります。

  • いびきをかく
  • 寝ているときに息が止まっていると言われた
  • 起きたときにひどく疲れた感じがある
  • 車の運転中によくウトウトしたり、眠ったりしてしまう
  • 持病で高血圧症がある
  • 直近5年間で体重が大幅に増えた

症状と合併症リスク

流山おおたかの森駅・からさわ歯科症状と合併症リスク

睡眠時無呼吸症候群は、夜間の睡眠時に呼吸が一時的に停止することで、脳が酸素不足と判断して一時的に覚醒してしまいます。この状態をくり返すため睡眠不足になり、昼間に強い眠気が起こってしまいます。
さらに、下記の病気の一因になる可能性があることもわかってきました。

  • ・歯周病
  • ・血圧上昇
  • ・糖尿病
  • ・心筋梗塞
  • ・不整脈
  • ・脳梗塞
流山おおたかの森駅・からさわ歯科症状と合併症リスク

また、大人だけでなく、最近ではこどもに睡眠時無呼吸症候群の症状がみられることも報告されています。十分に睡眠がとれないことは、健康な心身の成長の妨げにつながる恐れがあります。

歯科医院での治療

流山おおたかの森駅・からさわ歯科歯科医院での治療
ソムノデント MAS

睡眠時無呼吸症候群は、マウスピースを装着することにより、症状の改善が期待できます。当院では、従来の上下一体型のマウスピースよりも装着感や利便性の高い「ソムノデント」というマウスピースを導入しております。。

  1. <メリット>
  2. ・これまでの上下一体型と異なり、上部と下部が完全に分離しているのでお口に自然にフィットする
  3. ・口を開けたり閉じたりが自由にできるので、装着したままの会話も可能
  4. ・装着時の調整が簡単に行うことができる
  1. <デメリット>
  2. ・従来の上下一体型と比べて費用がやや高い