こどもの診療案内|からさわ歯科|流山おおたかの森駅 南口徒歩5分の歯科医院・歯医者

  • 流山おおたかの森駅・からさわ歯科・予約・メール問合せ
  • 流山おおたかの森駅・からさわ歯科・電話
  • 流山おおたかの森駅・からさわ歯科・メニュー

お子さんの治療は
カウンセリングはしっかり時間を設けて
治療は短時間で的確に行う
ことを心がけています

どうして治療を短時間で行うの?

治療を短時間で行う理由は、お子さんの負担を軽減するためです。
なぜなら長時間お口を開けていると、顎の負担が大きくなったり、終わらないことに対してお子さんの不安が膨らんでしまうからです。。
もちろん、歯医者さんが苦手なお子さんは最初に慣れてもらうことから初めて、無理やり治療はいたしません。
最小限の負担で、むし歯に強いお口づくりをはじめませんか?

こどもの診療科目

流山おおたかの森駅・からさわ歯科・予防歯科

予防歯科

子どものむし歯を防ぎたい

大人になってもむし歯になりにくいお口づくりを始めませんか?

むし歯は、むし歯に強いお口の環境を作ることで防ぐことができます。
お口の環境の基礎はこどもの頃に作られるため、小さいときに受ける口腔ケアの内容によって、将来のむし歯のできやすさ、できにくさが違ってきます
からさわ歯科では、歯みがきなどのケア指導、クリーニング、フッ素塗布、シーラントなどの予防処置を中心にむし歯にならないための歯科治療を行っています。
もし、むし歯になってしまったら、次に新しいむし歯ができないように治療・予防することを大切にしています。
>>むし歯にならないためにできること

フッ素塗布とシーラントを積極的に受けましょう

  • 流山おおたかの森駅・からさわ歯科
    フッ素塗布とは?
    フッ素は、食べ物や飲み物にも含まれているとても安全性の高い物質で、「歯質を強くする」「むし歯菌を抑制する」効果があります。
    定期的に歯科医院で高濃度のフッ素を塗布してもらうことで、むし歯に強い歯を育てていきましょう。
    また、ご自宅でも市販のフッ素ジェルや、フッ素配合の歯磨き粉・洗口液をお使いいただくと効果が高まります。
  • 流山おおたかの森駅・からさわ歯科
    シーラントとは?
    シーラントは、歯の溝をフッ素配合の歯科用プラスチックでコーティングする予防処置です。
    特に奥歯の溝は磨き残しが溜まりやすく、むし歯になるリスクがとても高いのです。
    シーラントで歯の溝を埋めることで、磨き残しが発生しにくくなり、むし歯を予防することができます。
    処置中の痛みもなく、治療跡も目立ちませんので、安心して受けていただけます。
流山おおたかの森駅・からさわ歯科・小児矯正

小児矯正

歯並びを整えたい

むし歯予防をしたい

顎の正しい成長、むし歯予防の観点からもおすすめしています

お子さんの歯並びが乱れていたり、お口をポカンと開ける癖はありませんか?
歯並びが悪いと歯みがきが行き届かずむし歯になりやすかったり、かみ合わせがうまく行かないことで顎や身体の発育を妨げてしまうこともあります。
また、お口をポカンと開ける癖は、歯並びを悪くしたり、お顔がゆがむ原因にもなりますので、お口の癖を治す体操などで改善し、トラブルを防ぐことが大切です。
大人になっても矯正治療はできますが、お子さんの成長に合わせて治療を行う方が、負担が少なく済みますので、なるべくこどもの頃に受けられることをおすすめします。
からさわ歯科では、矯正の初回相談を無料で行っています
お子さんの歯並び、お口の癖で気になることがありましたら、お気軽にご相談ください。

流山おおたかの森駅・からさわ歯科・むし歯治療

むし歯治療

歯の表面や溝が黒くなっている

むし歯を痛がっている

こどもの歯は、大人の歯に比べてやわらかく、むし歯が進行しやすい特徴があります。
そのため、お子さんのむし歯に気が付いたら、早めに受診するようにしましょう。
また、むし歯は黒っぽい色にならず、見た目では分からないものもあるため、定期的な健診でプロによるむし歯チェックをしてもらい、歯を強くするための予防処置をすることが大切です。
むし歯ができてしまったら、次に新しいむし歯ができないように予防に取り組んでいきましょう。

流山おおたかの森駅・からさわ歯科・お口周りのケガの治療

お口周りのケガの治療

口・顎をケガした

転倒して歯が欠けた、ぐらつく、抜けてしまった

口の中のできものが治らない

歯や歯ぐきだけでなく、お口周りの様々な治療に対応しています。
例えばお口や顎を切ってしまった、ぶつけてしまったなどの外傷の治療や、ケガなどで歯が抜けてしまった場合の処置も行っています。
お困りごとがありましたら、お気軽にご相談ください。

ケガなどで歯が抜けてしまったときにお願いしたいこと

歯が乾燥しないように、牛乳に浸して保管するか、飲み込まないでいられるお子さんはお口の中に含んで保管してください。
抜けたらすぐに当院まで電話していただき、ご来院ください。